お姑さんへの悩みは相手の気持ちを考えないことです。
まずは突然の自宅への訪問です。マンションがオートロックなのですが、事前連絡無しにいきなりマンションのインターホンを鳴らし、出ないでいるとその場で私の携帯電話に電話がかかってきます。
それだけではなく、事前連絡はもちろん無しに食べ物を持ってきたり子供のお菓子を持ってきたりします。

あまり子供には市販のお菓子を与えないという方針なのですが、砂糖や油がたっぷり入っているお菓子を持ってきます。それをお断りすると、向こうは娘と息子が喜んでいるのに取り上げたらかわいそうと言ってきたり、お決まり文句は親が子供のことを思って何が悪いと言ってきます。

姑は自分がやりたいことをやってあげて、かつそれを喜んでもらわないと気が済まない人間なのです。あまり無下にしてしまうと玄関先で大声を出して逆ギレをしかねないような人なので扱いに困っています。

また、もう一つ理解できないのは、わたしの娘つまりお姑さんの孫を自分の幸せを演出する為の道具と思っている人ところです。日頃は孫の面倒は見ないのですが、夏休みや娘の誕生日にはディズニーランドに連れて行きます。
たくさんお金を使ってもらってありがたいと思わなければならないのは分かっていますが、実際には娘の体調のことは全く考えてくれません。

真夏の炎天下を長時間歩かせたあげく、まだ3歳なのにお昼寝の時間も無く、クタクタになるまで夜のパレードまで連れ回されていました。孫娘と出かけられる幸せな自分に酔っているような写真が次から次へと送られてきます。案の定、次の日に娘は体調を崩し、保育園をお休みになります。
娘がお姑さんと遊んで帰ってきた次の日は、必ずといってよいほど看病で仕事を休まなければならないので、ほとほと困っています。

本当に姑が嫌になったら、もう引っ越ししかない!

今後は姑からの連絡や接触を断つようにしていきます。
もともと私からの接触はしないのですが、姑からの連絡を無視すると逆ギレして面倒なことになるので渋々電話には出ていました。それでも一度電話にでてしまったが最後、向こうがしゃべりっぱなしで延々と聞き続けるという無駄な時間を過ごすことになります。
向こうは友達が全くいないので聞いてくれる人は他にいないため、前回の電話以降にあった出来事が溢れるように話してきて終わりが見えません。

また娘はまだ小さいのですが、小学生に入った後にも同様の甘やかしを受け続けさせたくはないので、娘本人が何が良くて何が良くないのかを正しく判断してお姑さんにでも注意できるように育てたいと思います。

何より近居していることが突然訪問の一番の理由なので、子供達が保育園を卒園するとタイミングで遠方に引越しをする予定です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事