私が姑に対する悩みは食事の事です。
結婚当初フルタイムで勤務をしていました。そのため姑が食事の準備をしていました。

私の出産後から姑が腰痛を訴えるようになったため、食事の準備は私がすることになりました。私が食事を作り始めて数週間は料理を美味しいと言って食べてくれましが、だんだん食事を残すようになりました。
朝起きると私が作った食事をそのまま残されている時もあり、時折姑は自分の食べる分の食事を舅に食べ
させるようになりました。姑は私が作った料理がまずいのか、姑自身が作ったものを食べたいのかわかりません。私は作る側として、姑が私の作った食事を食べてくれないという事がとても辛いです。

姑の行動がさらにエスカレートしていき、今度は私の作った食事を姑が無視しておかずを勝手に作ってテーブルに出すようになりました。たまに私と姑が作るおかずが一緒になる時もありました。
自分で食事の準備を頼んでおいておきながら、なぜ断りもなくおかずを作るのか理解できず、私と旦那と子供は姑の食事には手をつけませんでした。本当に腹立たしい気持ちです。

私の作る食事だけで量は足りるので、姑の食事に手をつけないことに「自分が作っても食べてくれない」と愚痴るようになりました。そこで私は、私の作った食事を食べないのなら姑に自分で作るよう話をしました。
すると、手のひらを返したように「美味しいから作って」と言われました。

しかし、そう言っていながら私が作った食事には手をつけないため、姑は何がしたいのか私への腹いせなのかもと考えるだけでイライラしてしまう状態でした。
私は、腹が立ちすぎて姑と話すことが嫌になっていきました。

姑と話す事が嫌になった私。食事を私達家族と別にする事で姑を気にしなくなった。

私は、思い切って姑と食事を別にするように提案しました。
姑は文句を言っていましたが、だんだん了承してくれるようになり、今では私たち家族と姑達で食事を分けるようになりました。

姑は毎日料理をするのは大変だと愚痴をこぼしていますが、私は清々しい気持ちでいっぱいです。
これからは私と姑が作ったおかずや買い物したものが一緒になる心配がありません。
姑は自分が買ってきた食材を賞味期限が過ぎて食べられなくなると私たちの冷蔵庫に入れてきます。

姑が食材や賞味期限切れの食べ物を入れてきても、子供がまだ小さいので怪しい食材は使わないようにしています。食材や食べ物にカビが生えていたら流石に捨てますが、それ以外は基本的に放置です。

私は姑のする事をいちいち気にして体に不調が起こった時期もあったため、姑を気にする事をやめました。
長生きするためにはストレスは天敵です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事