私は専業主婦なので、基本家にいてることがほとんどです。なので家にいてる分、全然疲れないと思われてるのが少し不満に思っていることです。

確かに外に出て働いてないので、あまり疲れないと思われても仕方がありません。
でも、朝は早起きをして会社へ行く準備とお弁当の用意をしたりと、朝から晩までやることでいっぱいです。
ずっと休んでるじゃないかと言われた時は、少し嫌な気分になりました。好きなときに好きなだけ休憩が取れるとも言われるのですが、そんなことはありません。

私の場合は子供がいて、まだ小さいので目が離せません。何をするときでも気を張っていないといけないからです。イタズラをよくしたり、危なっかしい行動したりと、それを見つつ家事をするのは、なかなか大変です。

子供が寝たら、一緒に寝たらいいんですが。
寝てる間は見ていなくていい分、仕事がやりやすくて色んなことして、やっと休憩しようと思ったら子どもが起きて今度は育児をする。といった形で毎日家事をやっています。

それに働いていたら、当然休みの日があって、その日は何をしようと、ずっと寝てようと誰も何も言わないですが、主婦はそうも行かず、家事も育児も毎日同じようにやります。なので1日中しっかり休める日なんて、なかなか無いので疲れないわけがないのです。

家事をして疲れたなと思うように主婦だってロボットじゃないんだし、疲れたなとか、しんどいなとか同じように思います。
それで、休みの日になったら、友達と遊んでくると言って家をあけて、また1人でずっと家事育児をして、ストレスが溜まる一方で、相手は好きなことをしてるからリフレッシュできたから、もうそれでいいみたいな雰囲気を出されて嫌な気分になったことがありました。
家にいるから楽というわけじゃないことを少しでも良いので夫に理解してもらいたいです。

夫に「やって」ではなく「手伝って」の言い方をするようにしたら、少しずつ手伝ってくれるようになりました。

最初の頃は、家のことより遊びの方が大事といった感じでした。
でも、これやってという言い方じゃなくて、これ手伝ってくれる?などの言い方で一緒にしてもらうようにしていきました。

あとは、「一緒にやろう」などの押し付けるのではなく、協力してやろうといった雰囲気で、ちょっとだけ手伝ってもらうようにしました。
そのようにしたら「これどうするの?」とか「これやっておこうか?」など言って手伝ってくれるようになりました。

最初の頃はオムツをかえるのさえ嫌がってましたが今はちゃんとしてくれます。
実際に一緒にやってみたり、私が用事で出てるときに世話をしてもらったりしてる間に、大変さを少し理解してくれたみたいで、この頃は色々とやってくれるようになりました。
お互いにお互いの大変さとか、色んな気持ちとかを一方的に押し付けてしまうんじゃなくて、気持ちを伝えることが相手に負担がかかることなく気持ちを伝えつことができると思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事