我が家は夫婦だとしても財布は別にしています。
お互いフルタイムで働いていますし、私の両親も財布は別で生活をしていたので「結婚したから財布は奥さんが管理する」という考えを私が理解できなかったのです。

主人もそれには賛成で、家賃やネット代は主人で光熱水費と食費は私が払うように担当制にしました。
それに加えて、主人は自分で貯金ができないので、毎月給料日になると私が3万円預かり、別の口座に貯金をしていました。毎月20万は貰っているはずですので、3万円は大した額ではありませんし、全然無理のない金額だと思っていました。
ですが、急に言われた主人からの「今月は3万円が厳しい」という一言。今月は給料が少なかったのかなと思ったのですが、生活残業をしているタイプではないのでそんなに給料の増減が激しい訳ではなく、「なんだかおかしいな」と思いました。
その後、主人の新しい服が山ほど見つかりました。どうやらフリマアプリにはまってから大量買いしたのだとか。フリマアプリと言えば安く思いがちですが、山ほど買えばお値段も相当になりますし、主人の好きなブランドは1枚が高いので、多くのに枚数を買ってしまえば高額になります。一体いくらかかったのか聞いたところなんと「7万円」と呆れた回答でした。

毎月3万円の貯金しなければいけないことは分かっているのに、倍以上の金額を一気に使うなんて信じられないし、それも自分のものだけのために使うなんて夫としても親としてもありえないと思いました。1着くらい子供の服を買ってあげれば良いのに、いつまで独身気分でいるのかと怒ってしまいました。

結局、次の月に追加3万円で貯金することを約束し許しましたが、もう1度したらもう知りません。

貯金ができるシステムを妻の監視下で厳守する夫

高額の買い物をするときには妻へ相談して許可がないと購入してはいけない約束をしています。

金額の基準となるのは1万円で、それを超えた金額の物は何故欲しいのか、何故今必要なのかをプレゼンしてもらっています。

守れなかった場合には罰金が発生するようになっています。
その額は1万円と設定し、高額になっています。そのお金は子供の貯金口座に入れるようになっているので主人も文句は言えません。

また、主人の周りの友達はみんなおこづかい制でもっと厳しい中生活しているので私の意見に賛同してくれて、「一万円も好き勝手使って良いなんて羨ましい」、「それくらい守れ」と私の味方をしてくれているので主人も納得しなければいけない環境になっています。
それからはもう勝手に購入することはなくなり、どうしても高いものが購入したいときは家事を率先してしてくれたり、貯金額を増やしたりと頑張ってくれています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事