子供が幼稚園に行くようになると、ママ友付き合いで苦労することが多くなりました。学校の保護者関係の付き合いは、会社でのそれとは全く異なり、ガツガツ行ける人がおとなしい人に何かとごり押ししたり、機嫌が悪いと気分によって平気であることないことを話します。

主婦になるまで、こういったことに直面したことがなかったので、とても戸惑いました。独身時代であれば、比較的自分の好きな人や考えが似ている人と付き合うことができますが、主婦になるとそうは行きません。中には、全く理解できないような人もいますので、一緒に何かをする時などはキツイです。

しかし、このような経験を主人に話したところで、実際に自分が経験していませんので、主人は理解することができません。もちろん、これはしかたがないことだと分かっています。私だって主人の立場であったら、主人と同じように妻の言っている悩みを理解することなどできなかったでしょう。基本的につるむのが好きな人はこの特別な世界でも上手くやっていけるのかもしれません。

私のように一人で行動するのが好きなタイプにとっては、地獄のような日々です。結婚するまでは、まさかこんなことで悩むなんて思っていませんでした。私の社交性の無さが悪いと言われればそれまでですが、はっきりと分かることは、会社とは全く違う世界に嫌でも主婦は入らなければならないということです。気を使えばなめられる、軽視される、困っていることを丁寧に伝えれば睨まれる。敵視されてしまう。
主婦の世界は、本当に生きにくい世界だなと思います。

ママ友に遜った態度だと振り回される。対等な立場という姿勢が最重要。

最初は、周りの方に失礼が無いように、丁寧な言葉遣いで相手を尊重しながら、自分を下にして接するようにしていました。でも、この対応ではダメです。ある程度主婦を経験した今だからこそ言えることなのですが、誰かと接する時は、絶対に対等の気持ちでいることが大切です。謙遜したり相手を上にして接すると、後で良いように振り回されます。

あなたも私も同じ立場であり、同じ人間であるのだという姿勢で暮らすことが何よりも大切なことです。そして、身なりにも気を使いある程度ちゃんとしたものを着るようにすることも必要です。安っぽいものや古ぼけたものは着ないようにして、そこそこお金にゆとりがあるように見せる工夫も必要かなと思います。ハキハキと話をし自分が誰かの言いなりならないことをしっかりとアピールすることも大切です。
私は、このようなところに注意して生活しています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事