幼稚園が同じで家も近いことから話すようになったママ友がいます。
子ども同士も仲良く遊んでるし、ママ友ともすごく気があって一緒に遊んだり子どもが幼稚園に預けている時にはランチやお茶に行く関係になっていました。

そこからお互いの近所にも同じ幼稚園のお友達が何人かいたので、その人たちとも遊んだり出来たらいいなぁと思ったので、お互いが声をかけあって幼稚園の行事の時に話をしたり、帰りにランチをしたりして交流を広めていき、そのメンバーでグループラインを作って情報交換をするようになりました。

最初は緊張しながら話をしたりとやり取りを続けていました。
またいろんな子どもたちの話題で盛り上がって楽しくしているのに、その中で必ず一人だけどんな話をしても自分の息子の話に話題を変えてきて、何かと自慢をしてくるようになりました。
心配事を書いても、自分の息子は大丈夫かな?と全く話を切り替えてしまい、いつもそのママ友の愚痴話になっていました。

また、そのラインも短い文章で何回も送って来たり、無駄にスタンプをしてくるので気がついた時には未読が20~30くらいになってしまうことが日常茶飯事です。その内容も「うちの息子は出来るから」「うちの息子には○○先生は合わない」など全てがそのママ友の愚痴や自慢話になっています。

そのママ友の中でも一番年下のママ友は、律儀に「すごいですね」「そうなんですね」と返事してあげるため、それで更に調子乗ってくるので、本当にイライラしてしまいます。そして愚痴や自慢話を一通り書いて落ち着くと、全く話に入ってこなくなり、他の人の話にはスタンプだけ返してきて終わりにしているのです。

家事で忙しいをアピール。そして気兼ねなくに既読スルーを敢行!

グループラインのメンバーが何人かいるので基本的には軽く返事をして、だんだん話が広がっていつもの自慢話が始まったら「ご飯の準備をしてくるー」とか「子どものお風呂と寝かしつけにいってきまーす」と送って、今から返事が返せないことを事前にアピールをして抜けています。

そして家事が一段落したときに、未読スルーをしていたやりとりが終わったかなって時にラインを読んで、返事をさらっと返したり、そうでもない内容だったらそのままスルーするようにしています。

本当に信用しているママ友も、自慢話や愚痴を言ってくるママ友のことが嫌いなので会った時に愚痴り合ったり、そのグループラインで話が始まったときに、二人でラインしてどうしたら終わるかなど相談しながら、グループラインに書き込みなどしてあまり深く関わらないようにしています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事