子供が幼稚園に入園するとお友達もできて、家で遊ぶ約束をしてくるようになりました。友達ができた事は嬉しかったのですが、昼間0歳と2歳の下の子達の世話をしている私にとっては地獄のような時間でした。3歳の子供のお友達たちが3人ほど遊びに来て、14時過ぎから17時まで遊んでいきました。人のお子さんをケガさせてはいけないと神経を使い目を離す事ができず、夕飯の支度もできなくて帰った後は疲れきった状態でした。

昼間も子育てをしているのに、人の子供まで面倒を見なくてはいけないなんてとかなら嫌な気持ちなりました。4人目が生まれた頃には、兄弟でケンカをする回数が増えていました。何をするにもケンカで、おやつの取り合いや寝る場所まで言い争っています。そのうちに叩いたり蹴ったりしてどんどんエスカレートしていきます。

玩具をわざと隠したりゲームの順番が気に入らなかったりするとケンカ、一日に何回ケンカをするのだろうと思うくらい呆れてしまいます。数分後にはまた一緒にゲームをやっているという始末です。もう少し成長すればケンカをする事も少なくなると思いますが、心に余裕がない時はちょっとした事でイライラします。自分だけ何でこんなに苦労をしないといけないのだろうという風に考えてしまいます。

おやつも大皿ではなくワンプレートずつへ。面倒でも兄弟喧嘩されるよりはマシ

ケンカにならないような環境を作っていくようにしています。おやつでは4つのお皿に分けたり、夕飯も大皿ではなく一人ずつプレートにすべてのおかずをのせています。兄弟で競争心があるので、少しでもケンカにならないようにと工夫をしています。誰が私の隣で寝るかでも場所取りのケンカになります。ローテーションで、順番に隣で寝れるように表を作ったりして今日は誰が左か右かという風にしています。

ケンカの回数が減るだけで、イライラする事も少なくなり楽になったなと感じられるようになりました。ちょっとした工夫で、ケンカの回数も減らせたり心に余裕が生まれるのだと思っています。事前の準備や手間がかかったりしますが、色々試してみて良い方法は続けていくようにしています。一人で解決をしようと思わずに、困った時は身近な親やパートナーに相談をするようにしています。そうする事で良いアイデアも生まれて、子供達が笑顔で過ごせるようになるのだと感じています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事