自分の子供しか信じないママ友に不満があります。
そのママ友のお子さんは、私の子供が仲良くなるお友達を自分のものだから遊ばないでと言ったり、子供の失敗をすぐ笑ってバカにしたり、登下校でも子供が仲間はずれにされることがありました。

悩んだあげくママ友に相談してみましたが、謝ることは絶対なく自分の子どもがそんなことをするわけがないという態度しかとらず困っています。
私も普段子どもが嫌なことをされても、子どもになんとか自分の力で乗り越えてもうらうように教えたり先生に相談したりしていましたが、そのお友達のせいで登校拒否になりそうだったのでママ友に直接相談することにしました。

困っているのはこちらなので、子どもに言い聞かせてくれると思っていましたが、自分の子どもはそんなことをしていないの一点張りで解決してくれる感じがなく、結局子ども同士も喧嘩、ママ友とも気まずいかたちが続きました。

どうしても自分の子どもが悪いと思いたくないのか、「夜中に電話してきて自分の子どもはこう言ってるから」や「自分の子どもはいつも心ひらいてくれているから嘘をつくはずがない」といかに自分の子どもが正しいかということを話す一方でした。

その後子どもが違うお友達と遊ぶようになり距離をおくことで解決しないまま終わりました。
とても明るいママ友なので周りのママ友にもいかに自分の子どもが正しいかというのを説明するのは上手なので、こちらが嫌な思いをしたのにこちらが悪いような立場になり本当に悲しい思いをしました。
子どもに関係なく出会っていれば仲良くなれたかもしれないママ友ですが、やはり子どもが関係してくるとその人の本性がみえるんだなと本質がわかるんだなと思いました。

お互い自分の子どもが大切で歩み寄りなんてありえない。そのママ友とは少しずつ疎遠になりました。

最初はそのママ友に相談して解決すると思っていたのですが、自分の子どもがいかに良い子か正しい理由しか言われないので、相談しても時間の無駄のように感じ距離を置くようにしました。子供は嫌な思いをしたのにいつも遊ぶ約束をしてきてしまっていましたが、悲しい気持ちになるくらいならと、習い事を増やし予定をいれて距離をとるようにしました。

そのママ友とは最初は仲良くなれると思っても結局は本当の友達になるのは難しいと思います。
子ども同士が本当に気があっても、ママ友同士が気が合うことはあまり無いので深い関係にならないことだけは気をつけています。距離をとることでママ友もなんとなく気づいたみたいなのでよかったですが、ママ友の子どもがいる限り、自分の子どもが悲しい思いをしなくてはいけないのですが、人生経験と考えて頑張っていくしかないかなと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事