住んでいる地域で一時保育に預けにくい環境にあることが不満です。
私は専業主婦ですが、上の子の幼稚園の遠足や誕生会等で下の子を預けてゆっくり参加したいなと思って一時保育を検討したことがあります。しかし、年度初めの募集をかけて追加募集を受け付けない保育園、派遣でもパートでも何らかの仕事をしていないと申し込めない保育園、いつも定員いっぱいでキャンセル待ち続出の保育園等、気軽に預けられる場所がありません。

ちょっと遠いところで預けられる保育園があったのですが、申し込みの前に病院に行って健康診断を受けて書類を提出して下さいと言われ、費用を調べたらが3000円近くかかるそうで、現実的ではなくやめました。要するに、一時保育の敷居が高いのです。

確かに上の子の行事で預けたいなんて理由は私のワガママだし、緊急性がないのも分かっています。でも母親のリフレッシュ目的で一時保育の利用もOKと謳っているのに、こうも預け先が少ないと困ってしまいます。保育士さんの不足が原因なのか、それとも預けたいと思う人がものすごく多いのか、正確な理由は分かりません。

友人の中には両方の実家が近いからと今週はパパの方のおじいちゃん、来週はママの方のおばあちゃんというように預け先をうまくやりくりしている人もいます。羨ましい限りです。しかし、我が家は転勤族であり、双方の実家は飛行機や新幹線に乗らないといけない距離です。一時保育の申し込みに必要なのは、子供の病歴、親の勤務先、どんな仕事をしているか等の情報ですが、申し込む人の中には本当に近くに預け先がない人もいるわけですから、そのような事情を加味して且つ加算してくれるこうなシステムがほしいです。

派遣型のベビーシッター利用してみた!

結局預け先が見つからないので、ネットで検索したベビーシッターの派遣サービスを利用することにしました。
顔写真入りのプロフィールを見た上で、この人に来て欲しいとこちらが指名できるサービスになっています。
費用は一時保育よりかかりますが、子供は慣れた自分の家にいられますし、自分で保育士さんを選べるので自由度が高いです。

同じく一時保育に預けられなかった幼稚園ママにこのサービスを教えてもらいました。
紹介されると割引があるので、少し安くなります。幼稚園に入園してからは延長保育がありますし、小学校に入学してからは学童があります。しかし、未就園児を預かってくれるところはまだまだ少なく、保育室完備の求人も看護士や介護士といった専門職のものに限られます。なのに世の中は女性の社会復帰を求めています!みたいな風潮なので腑に落ちませんが、子供が幼稚園に入園するまであと約1年なので我慢しようと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事