自分の子供がHSPです。HSPというのは、Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)といって、最近少しずつ日本でも知られてきていますが、物事に対して敏感に反応する性質のことをいいます。病気ではなく体質のようなもので、多くの人が気にならないような音や光、匂いなどにも敏感に反応しますし、環境の変化にも敏感です。本来、生物の全体の20%がこれにあたる性質を持っているらしく、いち早く危険や変化を感じ取って、群れ全体を守る役割があるそうなのですが、最近になるまでは病気だと思われたり、変な人だと思われたりで、まだ周りの人からは理解されていません。

息子がこのHSP気質を持っており、人が多いところに行くと泣き出したり、大きな音楽が流れるところで気分が悪くなったりします。学校も一学期の半分くらいまで慣れるのに時間がかかり、登校しても気分が悪くなったり、冷や汗が出て頭痛が始まるなど体調を悪くすることが多く、保険室に毎日通って少しずつ慣れていくという感じで、進学や学年が変わるたびにこの繰り返しでした。

息子自身は、いい子です。ただ、こういった性質での育てにくさ、母親の苦労というものを周りが理解してくれません。夫も息子を愛し応援していますが、早くこんな状態から治してやらねばという姿勢で、今のままの状態を息子の特性として受け入れ、現状の良いところを探してのばしてやろうというよりは、息子が活発な子に変わることを望んでいます。

夫は、私が甘やかしたのが原因だと考えています。友人に相談したり、息子には言えない弱音を少し吐いたりすると、友人にもそれは母親の接し方が原因ではないのかと言われ、大変ショックでした。

息子に不満はありません。むしろ、感受性が豊かでとてもいい子です。しかし、周りの人からの私への圧力に、最近耐え切れなくなってきてとても辛いです。誰も分かってくれません。

理解してくれなくてもいいし、HSPについて知ろうとしてくれなくてもいいので、本当に理解していないことで母親の私を批判したり責めることは止めて欲しいです。

世の中でHSPは理解されていないのが現状です。情報を集め独学で学び、子供の未来を切り開いていく。

ネットでHSPについて調べ、同じような方々がどのように毎日を乗り切っておられるか、同じようなお子さんをもつ親御さんがどのようにお子さんと向き合っているか、そしてHSPの方々がどのように人生を豊かなものにしておられるかを一人で勉強しています。いいものがあれば、息子に率直に伝えて共有しています。

他の人や友人にわかってもらおうとは期待しないようにしていますが、実際は寂しいです。まわりに変な母親だと影で言われていると思うのですが、結果がよければ全て良しで、息子の生きやすさを第一に考えて、そのためには情報集めでも何でもする覚悟です。

いつの日かHSPが世の中にもっと知られるようになり、全容が明らかになってくれば、現在私を批判している夫や友人たちも、自分たちが誤解していたことを気付いてくれるのではないかと淡く期待しています。考えるとめげそうになるので、なるべく外野のことは考えないようにしています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事