私の住んでいる家の周りは、小さな子供を持つ子育て世代がたくさん住んでいます。ほとんどの人はちゃんとマナー守っている人たちばかりなのですが、一部の人たちが子供たちを道路上で勝手に遊ばせておく、いわゆる「道路族」となってしまっています。

あまり車が通らない場所をいいことに、道路のところでボール遊びや縄跳びなどを自由にさせています。ときには親が一緒になって遊んでいることもあり、危ない事はもちろん、その遊んでいる時の声も大きくて耳障りです。
特に土日や大型連休の時などは、朝早くから夕方まで一日中大声を上げながら遊んでいることもあります。せっかくの休みの日もゆっくりとすることができず、家にいるにもかかわらずストレスが溜まってしまいます。

持ち家と言うこともあり、近所付き合いで下手をしてしまうと、これからずっと住み辛くなってしまうなと考えています。そのため、注意をしたくてもなかなかできず躊躇しています。なんでこちらだけ一方的にストレスを抱えなければならないのかなと、ずっとモヤモヤして過ごしています。

我が家の車がその人たちによって出入りしにくくなっているにもかかわらず、私たちが「すみません、そこどいてくれませんか」とお願いをしなければならないことにも腹が立ちます。向こうが勝手に遊んでいるのに、なぜこちらだけ謝らなければならないのだろうと不公平感を感じています。

天気の良い日には、遊びだけではなくバーベキューをしていることもありました。その時は、大人たちがギャーギャーと騒ぐ声もありましたし、何より匂いが充満していました。外に干してあった洗濯物にも臭いが移るので、慌てて家の中に洗濯物取り込みました。

道路族の対処法は警察に通報するのが一番です。

しばらくは我慢していましたが、限界が来てしまったので対処方法をネットで調べました。できるだけ私が直接関わるのを避けたかったので、警察に通報すると言う手段に出ました。

警察が駆けつけると、どうやら「誰が通報したんですか」と警察に詰め寄っている様子でした。
ここは道路だから、公園などの中で遊んでくださいと注意を受けているようでした。本人たちはイライラしてたようですが、それからは外で遊ぶ回数が極端に減りました。バーベキューもそれ以来は開催されておりません。大声による騒音や、バーベキューのときの匂いで悩まされることも減り、快適な生活が手に入りました。

それでもたまに外で遊んでいることもありますが、私の中では許容範囲になりました。自分が直接かかわることなく、かつ迅速に対応できたので対処してよかったなと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事